TOSHIくんのオペラ・落語・読書・映画記録簿

アクセスカウンタ

zoom RSS 青山学院大学 公開講座「MBAエッセンス講座」第2回

<<   作成日時 : 2008/10/10 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、青山学院大学公開講座「MBAエッセンス講座」第2回として、「経営戦略」の講義を聴講してきた。
経営戦略という言葉の多義的なイメージから説き起こして、そもそも「経営」とは何であるか、「経営戦略」はなぜ必要なのか、「経営計画」との違いは何か、「経営戦略」の内容は何か、優れた経営戦略とはどういうものか、というような、いわば概念整理的な説明を、大して具体性のある例を挙げるわけでもなく、淡々と進めていく講義。
所詮は1時間半しかないのだし、いわば青学マネージメントスクールの宣伝を兼ねるプロジェクトでもあるはずなのに、こんな抽象的で、教科書の第1章「○○とは」みたいな講義をしたって、面白いわけがない。
ほんの一部、申し訳程度にソニーの井深大氏のことばが紹介されたりはしたが、それ以外は、シスコの例だったりして、それって、完全にアメリカの経営論の教科書的内容の引き写しそのものではあるまいか。
おまけに第1回同様、パワーポイントを使った講義ではあるが、第1回の講義の時のようにスライドの内容をプリントした資料の配布が今回はなかったので、ひたすら抽象的な内容をノートしつづける羽目になり、疲れた。
近くに座っていたおじさんなんか、講義終了予定時刻の20分前くらいから完全に退屈モードに入ってしまっていたなあ。
講義の最後で、仕事のプロにとっての経営戦略とは、自分の役割を知るための光であるという説明があった。青山学院大学のマネジメントスクールの経営戦略がどういうものか全く知らないが、もしあるとすれば、その経営戦略がひとりひとりの教師に浸透されていないことが講義ぶりなり講義内容の選択結果から露呈してしまったのは、皮肉な結果ではないか。もっと端的に言えば、今日の講義をした教授が「仕事のプロ」ではないということなのか…。
いずれにしても、第3回の講義が楽しいものとなることを強く期待したい。

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
青山学院大学 公開講座「MBAエッセンス講座」第2回 TOSHIくんのオペラ・落語・読書・映画記録簿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる